お兄ちゃんの幾分は理想でできてある

半年くらい前の要素です。部活から帰ると次女が無防備な形を晒して(制服形でショーツガラス張り)、ソファーの上でよくと眠っていた。
「だらしねぇ方ですな」
私はそんなに憧れ、広場に運んで決めるとしたんだ。しかし、顔付きを近付けるとふわり可愛い匂いが私の鼻をくすぐり、背中がぞっと来た。
そして私はふっと寝ている次女をオカズにして、肉棒を丸裸にして扱き、旦那のむっちむっちな大腿に白濁液をぶっかけてしまった。
次女は中存在1年生で、私より2つ年代が以下。丈も私より頭一つ分くらい薄く、そのくせ、人見知りが激しくてビビリな可愛い次女です。でも私には懐いてくれていて、今でもとことん娯楽をして遊んでいる。
で、私はアイツとの娯楽で「負けた人物は勝った人物のいう事を何でも訊く」って問題になり、私は10回間近アイツに勝ち、「アソコを触らせろ」って洒落で言ってみたんだ。とにかく嫌がるだろと思ったし。
だが、
「ええ……いいよ」
「!?」
アイツは拒否せず、私になるがままの環境です。どんなことだ?それはさておき、アイツのアソコはショーツの前文からでもプニプニで、とてもやわらかく、私は夢中になって次女のアソコをまさぐりつづけた。
徐々に私は次女につぎつぎエッチな事を――
読物作品の筆者はリリックボックス。オリジナルのおとな専用CG作品だ。
売り込みしたのは2013歳の7月々。DMMで配信してあり、いまや22000回以来受信されている売れ筋作品だ。
読物作品は『ふとした機会から実の次女と関係を持って仕舞う兄と次女』のお喋り。
キャラは二人だけ。ヒロインです兄と、次女のチサ氏。
こういう作品の魅力は、イラストレーターのれーさーちゃんの秀麗なCGにあります。実例を初めてチェックしてみてください。次女が寝ている状況から始まりますが、そのあまりの美しさに目を奪われること間違いありません。
銀?髪ロングで、控えめな母乳の持主ですチサ氏。ビビりで性蓄積も殆ど無い旦那。しかし本音には出さないものの、お兄ちゃんが大好きな超絶ブラコン娘になっていたのです。
そういう旦那とヤりめくる兄。そりゃこんな無防備な上、好意まる取り出しの次女がいれば手を出さないほうが変という物!
読物作品は興味超える剰余?、続編です二作品目線が発売され、おまけに別の公刊会社から漫画化までされました。
新規です『おにー氏って本当に最低のクズですねっ』も次女製品であり、題が高まってある。
正邪一度、実例を見てみて下さい!後悔しないクオリティだ!
静岡県の興信所